女性

家庭用脱毛器というくくりではトップのケノン|買える箇所は限られる

デリケートゾーン

ウーマン

家庭用脱毛器は、基本的にフラッシュによる脱毛が行われています。そのため、デリケートゾーンの使用は推奨されていません。この場合のデリケートゾーンとは、ビキニラインのVラインを除いたIライン(肛門から陰部までの間の箇所)やOライン(肛門廻り)の2つであり、ここの2つをフラッシュ脱毛するのは危険とされています。
その理由は主に2つです。1つは、場所です。I・Oラインのどちらも場所的な問題で黒ずんでいることが多く、更に性器が近いこともあり、フラッシュによって熱が吸収されることで非常に危険な状態になる可能性が危惧されています。もう一つは、処理の仕方です。どちらも位置的に細かい作業が必要になるのですが、Oラインは目視できないため、鏡を使っての作業になる他、細かい動きが行いにくくなるため、リスクが高いのです。そのため、I・Oラインの脱毛はエステサロンでの処理が推奨されています。
しかし、どうしても行いたいというのであれば、ネットで検索し、同じ機種でデリケートゾーンの脱毛を行った人の方法を調べれば家庭でも問題なく行えるかもしれません。しかし、自己責任となるため、行う際には細心の注意を払ってチャレンジしましょう。なお、デリケートゾーン以外でも、肌が日焼けなどで黒くなっている場合は、フラッシュ脱毛は推奨されていません。光が毛穴だけでなく肌にも吸収されるためやけどをしてしまう可能性があるからです。そのため、日焼け前に行いましょう。